2019年11月11日 (月)

奉祝の1日。水神清瀧會40周年パーティーから大森高校クラス会へ

2019年11月10日
天皇皇后両陛下ご即位祝賀パレードの日。

晴天穏やかな1日が始まりました。
旅行会の見送りから始まり一乗フェスタへ。

バザーで素敵なコーヒーカップを見つけ買いました。
バーベキューの火おこしをお手伝いして、ポレポレまつりへ。

首都高の混雑を心配しつつ、有明ワシントンホテルで開催された水神清瀧會40周年パーティーに参加しました。
品川、大田の睦会の仲間が大勢集まりました。
皆さん、一通り祭礼を終えてゆったりお酒を楽しんでました。

池上に戻り、母校都立大森高校D組の同窓会に参加。
皆に会うのも3年ぶり。
担任の伊藤悦子先生を囲んで楽しい一時を過ごしました。

記念に、素敵なマグカップを幹事の加園君が用意してくれました。
ミツちゃんも有難うございました!

参加出来なかった皆さんも、次は元気で再会しましょう!
私にとっても、秋晴れの素晴らしい奉祝の1日となりました。

1573428731982

1573428723643

1573428679202

Dsc_3517

Dsc_3536_20191111111601

Dsc_3518

Dsc_3523

Dsc_3532

Dsc_3534

学芸会、文化センターまつり を回る

2019年11月9日
先ずは、大森東小学校学芸会へ。3年生の「アラジン」を観劇。「

美原文化センターまつり」に移り、開会式に出席。
華のオババーズの太鼓に手を叩きリズムをとり、 踊りたくなりました。

次は、「馬込センターまつり」開会式へ。
終わり、豚汁に舌鼓を打ち、木版画の会の作品を見せて頂きました。

次ぎは、「池上文化センターまつり」へ。
てん刻の「七転八起」の文字に勇気を貰いました!

令和2年のえとは、「庚子(かのえね)」。
勝利を掴み取るまで鼠の如く、細かく動き回ります!

次は「第22回いつつのわ幸陽祭」へ。
喫茶で利用者が作ったお菓子とコーヒーでひと休み。

次は、八幡福寿会作品展に伺いました。
原会長の見事な作品をはじめ力作揃いです。

お茶を頂きながら、「作品を作ることが元気の源」と先輩方と懇談しました。
最後は、「第1回伝統工芸展」へ足を運びました。

江戸表具師の春原敏夫さんと、「大田区伝統工芸発展の会」の今後の活動や、取組みについてお話ししました。
三弦師(三味線製作)の 伊東孝夫さんや、漆工芸作家の中村悦子さんと作品製作やその魅力について伺いました。

芸術に、自らの人生をかけて製作に取り組む方、作品の製作が健康に繋がっている方々。
私は、今年絵を描く時間が取れず、少しストレスが有りますが、皆様の素晴らしい作品にふれることが出来て素晴らしい1日となりました。

Dsc_3485

Dsc_3487

Dsc_3490

Dsc_3494

Dsc_3498

Dsc_3500

Dsc_3501

Dsc_3502

Dsc_3503

Dsc_3504

Dsc_3505

Dsc_3506

Dsc_3507

Dsc_3508

Dsc_3509

Dsc_3510

Dsc_3511

一の酉から大林寺お会式へ。

2019年11月8日
一の酉、大森の鷲神社へお参り。

鯨岡さん親子と久方ぶりにお会いしました。
熊手を片手に梅屋敷の大林寺お会式へ。

日蓮聖人ご入滅第738遠忌報恩お会式に24の講中、万燈、纒の行列が行われました。
本殿脇で皆さんを御迎えしましたが、いやぁ 冷えました。

Dsc_3458

Dsc_3459

Dsc_3461

Dsc_3455_20191111100501

Dsc_3464_20191111100501

Dsc_3470

Dsc_3471

Dsc_3472

Dsc_3476_20191111100501

Dsc_3478_20191111100501

Dsc_3479_20191111100501

Dsc_3480

Dsc_3482_20191111100501

Dsc_3483

Dsc_3484_20191111100501

2019年11月 8日 (金)

大森鷲神社「酉の市」前夜祭

2019年11月7日
今年も鷲神社酉の市が始まります。

8日の一の酉の前日は、氏子が揃って熊手づくりをします。
深夜12時8日になると、並んでいる100名限定でこの熊手が配られます。

初売りは、朝6時から。
「競売繁盛! 商売繁盛!」威勢の良い、一本締めが境内に響き渡ります。

二の酉は20日(水)。
ミルパ商店街には、屋台や露天が並びます。

買った熊手を背中にさして、熱燗を一杯。
冬の到来。大森の風物詩です。

Dsc_3454

Dsc_3453_20191108120101

Dsc_3455

「大田区シニアクラブ秋の文芸作品展」から、「大森谷戸三輪神社本殿遷座祭」へ。

2019年11月7日
大田区内のシニアクラブの皆さんが、日頃の活動で書いた書写や絵画、絵葉書。
手編みの作品等々。

多くの作品が展示されておりますが、会場の都合でなかなか全クラブ出品出来ないそうです。
プロ級の作品ばかり。
皆さん、手先が器用ですね!

ちょうど、松原区長もみえました。
私もじっくり見せて頂きました。

夜は、地元の大森谷戸三輪神社の本殿遷座祭へ。
本殿の改修が終わりお稲荷さんから、御神体が本殿に移されました。

幻想的な光景を見届けました。
30年ぶりの神事です!

Dsc_3448_20191108115501

Dsc_3441

Dsc_3439

Dsc_3447_20191108115501

Dsc_3449_20191108115501

Dsc_3438

Dsc_3451

Dsc_3452

2019年11月 7日 (木)

第44回菜の花の会

2019年11月6日
「年々増加、被害が拡大していく災害にどう備えるか?」をテーマに開催しました。
ゲストは、千葉県議会元議長の宇野裕議員。
「台風15号、19号、その後の大雨の千葉県の被害と今後の課題」についてお話頂きました。

大規模停電は、千葉県としても確かに「油断」があった。
これまで、大きな災害の被害が無く、安全な県という認識に行政も「油断」が生じたのではないか!
と話されました。

私は、東京都としても「災害ゴミ」を処分する協力を積極的に行うこと。
1人1人が命を守る為には、スマートフォンを活用することが有効で、老人会でもその使い方教室等行うことが有効だと指摘しました。

又、「電柱地中化」は、予算的に1キロメートル当たり5億3千万円と財政的に大きなコストとなるが、高度医療病院や中核病院や老人施設が集まるその街のセンターコアは、スピードを上げて地中化を進めるべきと指摘しました。

さらに、「令和元年台風19号に伴う被害状況と東京都の取組等について」と東京都が作成して都内小学校中学校の児童生徒に配布した、「東京マイ.タイムライン」等についてお話ししました。

1573087947551

1573087955698

1573045739388

Dsc_3436

Dsc_3437

2019年11月 5日 (火)

街頭都政活動報告「JR大森駅南側」

2019年11月4日
連休あけは、JR大森駅のミルパ側の街頭演説からスタートしました。
冬の到来を感じる肌寒さです。

今朝は、11月2日3日と行われた20万人を越える来客で賑わったOTAふれあいフェスタと、おおたの水辺観光フェスについて。
プロジェクトマッピングの社会実験を臨海部のまちづくりに繋げ、大田区内の海上公園へのコミュニティサイクル置場と自転車道の整備を引き続き促進すること。
台風15号19号の被害にともなう課題や大田区東京都の取り組みについて報告しました。

被災地域の災害ゴミの受け入れ。
高度医療病院や中核病院周辺の電柱地中化や下水管の整備にともなう貯流池の整備促進を訴えました。

日々精進!日々活動!

Dsc_3431

Dsc_3429

文化の日は大田区と区民の文化を体感!

2019年11月3日
11月3日文化の日は、六郷神社崇敬会30周年記念式典から、大田区空手道連盟の秋季大会へ。

東京土建大田支部建匠友の会と梅屋敷分会の住宅デーへ。

新井宿福祉園まつりからおおたフェスタの薬剤師会ブースへと参加しました!

日本の精神文化や建設従事者の力。
東京オリンピックの正式競技となる空手道を。

大田区の医療と福祉を支える人材育成と地域連携を見せて頂きました。
締めは、やっぱり銭湯文化。

天神湯でリフレッシュ。
ブラックピリカの湯で健康増進!
まさに、文化の日にふさわしい1日でした。

Dsc_3393

Dsc_3416

Dsc_3378

Dsc_3377

Dsc_3381

Dsc_3385

Dsc_3391

Dsc_3392

Dsc_3386

Dsc_3390

Dsc_3420

Dsc_3394

Dsc_3395

Dsc_3396Dsc_3425

Dsc_3432

ラグビー観戦「東海大学vs日本大学」

2019年11月3日
大森ふるさとの公園裏の東京ガスグランドで全勝対決の試合が行われました。

日本大学東京第2支部は、三尾支部長を先頭に大応援団を編成し、母校ラグビー部「Strong Again」をタオルを振って、リストバンドを付けて応援しました。

結果は、50対7で完敗しました。
ホワードの強さと選手層の厚さに完敗でした。

しかし、日大は1年2年生が多く今後の活躍が期待出来ると確信しました!
来年正月の駅伝、ラグビーと「スポーツの日大」復活の秋です。

Dsc_3397

Dsc_3411

Dsc_3414

Dsc_3402

Dsc_3408

Dsc_3407

Dsc_3417

Dsc_341111

おおたの水辺観光フェス

2019年11月2日
おおたフェスタと併せて開催したおおたの観光フェス。
夕暮れ迫る17時から開会式典。

18時から20時30分まで、運河対岸の東京団地冷蔵の真っ白な壁に大田区初大田区最大の見事なプロジェクトマッピングが投影されました。
大勢の皆様に楽しんで頂きました。

ご協力頂いた大田市場の皆様はじめ全ての皆様のご協力ご協賛に心から感謝です。
この大田市場花き部前の港湾局用地が未来のDreamZONEとなるよう、大田区ー品川区ー港区と水辺を繋ぎ賑わいを創っていきます!

Dsc_3343

Dsc_3349

Dsc_3354

Dsc_3353

Dsc_3355

Dsc_3356

Dsc_3351

Dsc_3352

Dsc_3359

Dsc_3361

Dsc_3362

Dsc_3363

Dsc_3364

Dsc_3365

1572824391760

1572824398883

Dsc_3366

Dsc_3370

Dsc_3368



1572684038118

1572684042966

1572684048811

1572824287997

1572824309095

Dsc_3375

Dsc_3374

Dsc_3371

2019年11月 1日 (金)

第5回ひまわりの会展

2019年11月1日
大田区保護司会の有志で秋に開催される展覧会の「ひまわりの会(田村英二会長)」。

私は、今年は写真を2点出品しました。
「おおもりふるはまキャンドルナイト1」「おおもりふるはまキャンドルナイト2」です。

松原忠義大田区長、松原秀典区議の書も出品されています。

11月1日(金)から4日(月)まで東急多摩川線下丸子駅下車。
大田区民プラザ地下展示室で開催中です。

恥ずかしながら、「ご覧下さい!」

Dsc_3305

Dsc_3296

Dsc_3297

Dsc_3301

Dsc_3302

Dsc_3303

Dsc_3304

おおたの水辺観光フェス

2019年11月1日
11月2日3日とおおたフェスタに併せて「おおたの水辺観光フェスタ」が開催されます。

見所は、2日(土)17時から21時まで開催される全長92メートルの大田区初、大田区最大のプロジェクトマッピング‼️
キッチンカー、音楽イベントもあります。

主催は、大田臨海部にぎわいイベント実行委員会。
平和島競艇場(ビッグファン)から15分おきに無料バスも運行されます。

皆様 どうぞお越し下さい!

Dsc_3292

Dsc_3293

2019年10月31日 (木)

街頭都政活動報告「京急蒲田駅」

2019年10月30日
今朝は、京急蒲田駅の街頭演説からスタート。

台風被害に伴う災害ゴミの受け入れは東京都は積極的に受け入れるべきである。
オリンピック・パラリンピック2020大会のマラソン、競歩について話しました。

昨日から東京都、組織委員会、IOCとの協議が行われています。
札幌への変更は東京都民のみならず、日本中驚きました。
オリパラ開催まで1年を切って、札幌で万全の態勢で競技が出来るのか甚だ疑問です。

暑さ対策が不十分と言うならば、その足らざる事を解決する方が現実的です。
医師会も、もう30分スタート時間を繰り上げるよう要請しています。

この問題こそ、小池東京都知事を中心にオール東京でIOC調整委員会コーツ委員長とじっくり議論して、決定を覆すべきです。

今朝は、京急蒲田駅から、大田区民東京都民の理解と後押しを頂きたい!と強く訴えました。

Dsc_3286

Dsc_3285

Dsc_3284

2019年10月30日 (水)

川井しげお氏 旭日中綬賞を祝う会

2019年10月29日
都議会自民党最高顧問の川井しげお先生は令和元年春の叙勲の栄を浴され、京王プラザホテルで祝賀会が開催されました。
おめでとうございます。

私が幹事長代行としてお支えした先輩です。
折しも、オリンピック・パラリンピック2020東京大会のフィナーレを飾る「マラソン、競歩」の札幌での開催変更に揺れる最中、森組織委員会会長は欠席となりました。
橋本聖子五輪大臣は、「決定に従って、成功に向けて最大限努力する」と挨拶されました。

開催都市東京への召致活動に加わった者の1人としては残念無念。
納得のいく説明を求める気持ちでいっぱいですが、オールジャパンとしての東京オリンピック・パラリンピック2020大会の成功に向け、引き続き努力していきます。

Dsc_3275

Dsc_3278-1

Dsc_3276

Dsc_3277



長勝寺御会式

2019年10月28日
28日は、池上市野倉町の長勝寺の御会式です。
今年もまかない方のお手伝いをさせて頂きました。

12日の本門寺の万燈行列、参拝が中止になった分、どの講中も元気に纒を振って頂いたように思います。
かたずけを終えて境内にブルーシートを敷いて、いつものように「ご苦労さん」で一杯やりましたが、その輪に住職が参加してくれるのが、とてもいいですね。

同年輩の仲間、先輩の会員の参加が年々少なくなって寂しいです。
池上市野倉一心講の御会式の参加も残すところ3ケ寺となりました。

Dsc_3269

Dsc_3270

Dsc_3272-1

Dsc_3273

1572340598688

Dsc_3265
Dsc_3266

Dsc_3267

Dsc_3268

2019年10月28日 (月)

防災訓練、運動会、福祉まつり、地域のイベント、落語会、御会式などに参加!

2019年10月27日
久しぶり好天の日曜日、朝7時に自宅を出発して帰宅したのは24時前と大忙しでした。

町会旅行の見送りから大森東地区自治会連合会「5つの輪」。
防災訓練。

商店会のイベント、東京土建大田支部「土建まつり」。
新井宿地区連合運動会。
三輪神社の落語会では、古今亭始さんの人情噺に思わずホロリ。

森ケ崎の大森寺御会式では5つの講を出迎えました。
PTA会長のOB会と参加。

広瀬さんお誕生日おめでとうございます。
一通り終わると、もうすぐ日付も変わる時刻となっていました。

Dsc_3196

Dsc_3197

Dsc_3200

Dsc_3202

Dsc_3203

Dsc_3206

Dsc_3207

Dsc_3209

Dsc_3210

Dsc_3213

Dsc_3211

Dsc_3208



Dsc_3218

Dsc_3220

Dsc_3222Dsc_3224

Dsc_3226

Dsc_3235

Dsc_3238

Dsc_3242

Dsc_3248

Dsc_3253

Dsc_3254
Dsc_3255

Dsc_3256

Dsc_3257

Dsc_3240

Dsc_3214

1572140062145

1572140073031

1572140175219

大森交通少年団日研修バス日帰りレク

2019年10月26日
バス日帰りレクに団員小学生28人、準指導員中学生2人が参加しました。

まず、JR大森駅東口で、交通安全を呼びかける「キャンペーン」。
次に、羽田空港内ANA機体工場の格納庫で整備中のジャンボ機を見学。

続いて、横浜カップヌードルミュージアムで「マイ カップヌードル」を作りました。
見所満載、子供たちにとっても楽しいレクになったと思います。

支部長さん方もお疲れ様でした!

Dsc_3136

Dsc_3139

Dsc_3155

Dsc_3149

Dsc_3158

Dsc_3160

Dsc_3162

Dsc_3163

Dsc_3141

Dsc_3142

Dsc_3143

Dsc_3166

Dsc_3169

Dsc_3171

Dsc_3175

Dsc_3183

Dsc_3185

Dsc_3189

Dsc_3192

Dsc_3193

Dsc_3190

Dsc_3191

10月23日(水)「参議院議員 中川雅治君を励ます会」10月24日(木) に参加「令和元年 武見セミナー」

2019年10月23、24日
環境大臣として福島の復旧復興にも取り組んできた中川先生。
夏の参議院議員選挙で東京選挙区で当選され、早速「世界保健機関(WHO)親善大使」として活躍されている武見先生のパーティーに参加しました。

高島都連幹事長から、来年夏に執行される東京都議会補欠選挙の候補予定者として紹介頂き、身の引き締まる思いです。

48043167

25465084

Dsc_3130

942941389

第28回全日本東洋蘭秋季美術品評大会

2019年10月23日
大森金治会長が勇退され、新会長に土屋澄一氏(長野県)が就任されました。

慰労とお祝いを兼ねた披露式と大交換会「秋季美術品評大会」が蒲田のプラザアペアで開催されました。

お祝いに相応しく多くの蘭が出品され、会場には大きな競りの声が響き渡りました。

秋到来!「蘭の文化」はまさに日本の文化。
繊細で可愛らしい蘭を堪能しました。

Dsc_3098

Dsc_3100

Dsc_3102

Dsc_3116

Dsc_3115

Dsc_3118

Dsc_3108

2019年10月23日 (水)

週末20日(日)も各地のイベントを回り大忙し。沢山の光の種を頂きました!

2019年10月20日
週末の20日(日)は、東京幼稚園運行の開会式から。
日の丸体操を観覧。
副園長先生はじめ職員の先生方はオリパラ2020のポロシャツで袖には日の丸。
ラグビージャパンのユニホームも多くみられました。

大森西地区第3回ふるはままつり開会式に戻り、大田区しょうがい者のつどいへ。
ほっぽふれあいまつり2019。
開桜小学校運動会は、ちょうどランチタイム。
校庭も裏庭もファミリーの美味しそうなお弁当と笑顔であふれていました。

急ぎ、大田区内4消防団合同点検へ。
終えて、恒例の秋刀魚まつりへ。

田園調布八幡神社境内で行われた田園調布4、5丁目の浸水被害に遭われた方々の炊き出しへ。
ボランティアの方々の活動有り難うございます。

池上本門寺で行われた、らんちゅうの錦紫会主催の第74回秋季品評大会では、立派ならんちゅうを見せて頂きました。
夕方からは、三輪神社輿友会のはちあらいに参加。
令和元年の例大祭も無事終えて、賑かな慰労会となりました。

孫の1才バースデーにも何とか駆けつけました。
目の回るような1日でしたが、光の種を沢山いただいた1日でした!

Dsc_3029

Dsc_3031

Dsc_3032

Dsc_3033

Dsc_3034

Dsc_3035

Dsc_3036

Dsc_3037

Dsc_3043

Dsc_3044

Dsc_3045

1571564032067

Dsc_3049

Dsc_3047

Dsc_3051

Dsc_3053

Dsc_3048

Dsc_3055

Dsc_3059

Dsc_3061

Dsc_3042

Mitenec3485138




週末は、各地イベントを回り、大田総支部で決意表明!

2019年10月19日
19日は、文化センターまつり。
保育園の運動会。
おおた商い観光展2019では、都立桜台高校の生徒と馬込の和菓子屋さんがコラボして商品開発した「さくらっこのおやつ黒糖」や、玉ねぎドレッシング等の大田ブランド商品を買ってみました。

さかさ川おいしい収穫祭では台湾の珍しい珈琲豆を買ってみました。
プラモール梅屋敷「食べて 笑って 動いて 健康商店街」は、吉本芸人とお買い物客とのスポーツ参加型イベント。
新しい企画ですね!

夕方からは、自民党大田総支部総務会があり、来年7月に執行される東京都知事選挙にともなう都議会補欠選挙に挑む私の「決意の一端」を述べました。
大変厳しい戦いになると思いますが、全身全霊「都民に寄り添う政治」を実現する為にも全力をつくします!

Dsc_2982

Dsc_2983

Dsc_2988

Dsc_2991

Dsc_2998

Dsc_3000

Dsc_3004

Dsc_3006

Dsc_3009

Dsc_3012

Dsc_3013

Dsc_3021

2019年10月18日 (金)

いわき市長に水(ペットボトル)を届ける

2019年10月17日
母校日本大学雄弁会の後輩である清水敏男いわき市長を訪問しました。

いわき市(人口13万人)のうち3分の1に当たる4万5千軒が断水し、8千2百戸が床上床下浸水しました。
私はこの報道を見て、「いわき市に水(ペットボトル)を届けますのでご支援下さい!」とフェイスブックに打ったところ、あきまさ後援会やそれを見た方から義援金や水、パン(題名の無いパン屋)が集まりました。

スペーシアに載るだけ載せていわき市役所に清水敏男市長を訪ねました。
平地区の浄水場が浸水した為、4万5千軒が断水しましたが、好間の浄水場から付け替えて、4日間で5000軒通水しました。

清水後援会の幹部のご案内で、平の平窪地区を視察しました。
好間川が決壊し床上浸水した地域です。
水は引きましたが、町の至るところ道路沿いに生活ゴミや家具が積み重ねてありました。
6箇所の公園にゴミが運搬集積され、ゴミで埋まっていました。

いわき市立平第4小学校では、自衛隊が仮説の入浴施設を設置しこの日の17時から入浴出来るよう準備を急いでいました。

被災された住宅では泥をかき出し、浸水したゴミを運び出す様子が至る所で見られ、ボランティアが工務店の入口でカレーを振る舞っている姿に心打たれました。

断水の源、平の浄水場を視察。
建物の損害は少ないように見えましたが、施設が浸水しメンテナンスに時間を要すると思われました。

清水市長は10月中の通水を目指すと目標を示していましたので、大車輪の復旧工事が始まっていました。
清水市長から被害の概要や今後の復旧工事や被災者支援、ボランティアの受け入れ等について意見交換しました。

16日にボランティアの受け入れを始めました。
(罹災証明書の発行等の事務作業。復旧作業者。給水車)マンパワーが何と行っても不足しています。

大勢の皆様のいわき市へのボランティアをお願い申し上げます。
16日にいわき市災害ボランティアセンターが立ち上がり稼働してます。

TEL:080-2806-9021、080-2806- 9022 
Fax:0246-38-6632 

住所:いわき市平字菱川町1-3 

詳しくはいわき市社会福祉協議会のホームページをご覧下さい!


うず高く積み重なった町中や道路沿い、公園に集められたゴミを見て、市民生活を早く取り戻す為にも衛生面を考えても出来る限り早く処分出来る態勢を取るべきと思いました。

そのためには、被災が少なかった都道府県との広域的連携を要請すべきではないかと思います。
少しでも早い復旧を目指す施策と、合併式の浄化槽に市が補助金を出す方式と共に下水管の計画的整備を加えることも必要ではないか。
それによって民間の技術者を育て事業者を育て、被災時に官民で協力して復旧に立ち向かうことが出来ると考えます。

政府は、台風19号を「特定非常災害」に指定し、18日に閣議決定するとのこと。
1日でも早い復旧を目指し、被災者の心に寄り添う政治を行うことが必要です!

東京都も大島をはじめ島嶼や三多摩地区、都市部の大田区や23区部も大きな被害を受けました。
都内の復旧に取り組むと共に今こそ、東京都議会自民党が提言し小池知事や東京都上げて被災地を支援すべきです!

Dsc_2927

Dsc_2928

Dsc_2911

Dsc_2913

Dsc_2915

Dsc_2932

Dsc_2940

Dsc_2938

Dsc_2942

Dsc_2943

Dsc_2944

Dsc_2946

Dsc_2947

Dsc_2949

Dsc_2951

Dsc_2953

Dsc_2954

Dsc_2958

Dsc_2959

Dsc_2960

Dsc_2963

Dsc_2960

Dsc_2964

Dsc_2967

Dsc_2969

Dsc_2970

Dsc_2973

Dsc_2968

Dsc_2979

Dsc_2977

Dsc_2978Dsc_2976

2019年10月15日 (火)

「大田区浸水対策本部」を設置

2019年10月15日
大田区は、新たに「浸水対策本部」を設置して、今朝から浸水被害が甚大だった田園調布4丁目5丁目地域に職員を30-50人投入して一軒一軒被害状況の聞き取り調査を行っています。

罹災証明書を迅速に発行する為です。

田園調布特別出張所に臨時の窓口を設け、被害を受けた方々の相談を受けております。

浸水して使えなくなった家具やゴミの収集運搬に当たっており、消毒薬材も配布しています。

お困りのことは田園調布特別出張所にお問い合わせ下さい!

電話窓口:03-3721-4261


大田臨海部まちづくり協議会第60回まちづくり戦略会議

2019年10月15日
京急開発会議室で開催されました。

エリア別報告では、台風19号の状況が報告されました。
15号を教訓に万全の体制が執られ、大きな被害は臨海部は無かったとのこと。
ホットしました。

11月2日(土)3日(日)に開催される「大田臨海部水辺にぎわいイベント」も迫って参りました!
2日(土)17時から、全長92メートルの大田区最大のプロジェクトマッピングをはじめ、音楽イベントやプチ大田場外市場も開催されます。

その準備と広報媒体など確認し意見交換しました。
大田フェスタと同時開催で、JR大森駅ービッグファン経由で無料バスも運行されます。

天候も味方してくれることを祈ります!

Dsc_2885

Dsc_2883

Dsc_2884

Dsc_2882

Dsc_2886

台風19号に学ぶ

2019年10月14日
12日、日本列島を襲った台風19号。
被災された大勢の方々に心からお見舞い申し上げます。

大田区と大田区議会は、災害対策本部をいち速く立ち上げ、避難所の設置や受け入れを行いました。
区議会の仲間は地域を回り被害状況や情報を共有し、地域に発信しました。

情報収集や警戒に務めてくれた消防団員や、献身的に働いてくれた特別出張所の職員の皆様に心から感謝申し上げます。

大森東中学校の体育館は380名を越える地域住民でいっぱいとなり、6つの教室や柔道室を解放しました。
私は、翌13日午前9時55分最後の高齢者をちょうど見送りました。

海沿い、内川沿い、呑川沿と自転車で被害状況を見て回りました。
浸水した田園調布5丁目4丁目を消毒液や軍手や雑巾を持ってお見舞いに伺いました。
床上1メートルの住宅もあり、浸水した高さが建物の壁や樹木にくっきりと残っていました。
世田谷区側の土手が決壊し、下水管がフローして泥水が住宅に押し寄せたのです。

水に浸かった家具やゴミの処理。
保健所から消毒液を被災者にスピーディーに配ることや、罹災証明書を特別出張所でも発行することが必要です。

日本列島は日1日被害の状況が拡大していますが、防災減災の為の1兆3475億円の予算を機動的に使って河川堤防の整備等、国土強靭化を更に進める必要があります。

田園調布中学校の避難所には千人を越える地域住民が自家用車と一緒に避難して来ましたが、避難準備の段階で、設置開設する避難所を見直す必要があります。

普段から行われている避難所運営協議会の訓練や防災訓練の成果も確り表れたと思います。

何れにしてもソフト、ハードの対策を確りと実行することが人命を守り、減災にも繋がることを学びました。

Dsc_2705

Dsc_2706

Dsc_2707

Dsc_2708Dsc_2711

Dsc_2736



1570854497087

1570855388448

1570857253258

1570866214514

1570871152682

1570874791518

1570874795911

1570883368951



1570883243000




Dsc_2713

Dsc_2763

Dsc_2765

Dsc_2762
Dsc_2766

1570919797251

1570919799471

Dsc_2727

Dsc_2728

Dsc_2714
 

«大森東貴船神社秋季例祭

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

自由民主党 最新ニュース

自民党 Lib Dems

無料ブログはココログ