« 東北地方太平洋沖地震被災地救援部隊 第五報  | トップページ | ラッキーナンバー1696 »

2011年3月28日 (月)

東北地方太平洋沖地震被災地救援部隊 第六報

2011年3月25日

東北地方太平洋沖地震被災地救援部隊 第六報 
いわき市常磐湯本の、こいと旅館ボランティアセンター

日旺の片倉社長の運転するミニバスのフロントガラスにぶつかって来る雪。
仙台南部有料道路をいわきに下る。

安達太良SAを過ぎ、いわき湯本インターで下りる。
21時を回った。
目指すこいと旅館までもうすぐだ。
温泉街は真っ暗だ。
人通りは全くない。

こいと旅館21時20分到着。
電気がついている。
待っていてくれた。
早速、清水敏男県議夫妻が出迎えてくれた。
長く伸びた無精ひげに連日の疲れが手に取るようにわかる。
挨拶もそこそこに、運んできた物資をフロントに運び込む。
清水県議のボランティアスタッフが手伝ってくれ、あっという間に片が付いた。

フロントは多くの物資があった。
大勢の方々の善意があふれていた。
バナナや女性用下着にはとにかく喜んでくれた。
うちの小野秘書が選んでくれた。
そのボランンティアスタッフの中に、本宿町会の小山さんの親戚でこちらに嫁ぐお嬢さんがいた。
さらに、清水県議の奥さんは旧姓片倉で、片倉社長と先祖が片倉小重郎でルーツが同じとのこと。
いやあ、とにかく驚いた。
神様のお導きに違いない。

温泉の湯が一時細くなったが、戻ってきたとのこと。
清水県議が尽力した足湯も無事とのこと。
常磐湯本に早く旅行客が戻ってほしい。
大丈夫。
どこにも負けない、温泉と人情があるからだ。
私も応援したい。

頑張れ!東北。
頑張れ!福島。
頑張れ!いわき。
頑張れ!清水敏男。

君が毎日68ある避難所に物資を運ぶ姿に、県民、市民はきっと大きな拍手を贈っているに違いない。
まだ、いわき市は600人をこえる安否確認ができない市民がいるとのこと。
地震から2週間。復興にむけた胎動が始まった。
それを見届け、21時55分東京に向け再び出発だ。

3_25_01

いわき市の復興に連日頑張るボランティアスタッフの皆さんと
325_01

« 東北地方太平洋沖地震被災地救援部隊 第五報  | トップページ | ラッキーナンバー1696 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震被災地救援部隊 第六報:

« 東北地方太平洋沖地震被災地救援部隊 第五報  | トップページ | ラッキーナンバー1696 »