« 大森東小学校 平成23年度入学式 | トップページ | 新井宿義民六人衆顕彰会335 年報恩感謝祭 »

2011年4月11日 (月)

選挙関連

2011年4月9日

『東京都知事選挙最終遊説、東日本復興支援集会』

最初で最後の街頭演説を石原知事が有楽町駅前で行い、1600人が熱心に耳を傾けた。
どんよりとした空も何とか泣き出さずに加勢してくれた。
足立区で発生した既に亡くなった106歳の親の年金を不正需給してきた子どもの話を知事は繰り返し話してきたが、この日もこの話から切り出し、このままでは日本は滅びる。
もう一度みんなで、東京からこの国を立て直そうと訴えた。

明日は投票日。
そして夜9時には大勢が判明する。
東日本大震災が発生し、10年後の東京を創る設計図も修正が必要となった。
そして、毎年国に召し上げられている3000億円を取り返し、復興を支援し、マグニチュード9を想定した震災から東京を守る為、引き続き石原知事とともに、私も全力で頑張ろうと思う。

20110409162839

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

2011年3月24日

『東京都知事選挙告示』

午前11時南青山の石原慎太郎知事の選挙事務所で出陣式が行われた。
500人の支持者を前に、まず東京都医師会会長で、この度選対本部長をお務め頂いた鈴木先生が、かつて鳥インフルエンザが流行した時の石原知事のスピーディーな対応をあげ今こそ、危機管理に強いリーダーを、そして、石原知事には私たちの希望が見えると訴えた。

石原知事は、防災服姿で、東京の運命を背負って頑張る。
日本の頭脳であり、ダイナモである東京をバラバラにする事はできない。
選挙をやってる場合ではない。
被災地の救援に全力を上げる。
と第一声を放ち、大きな拍手が起きた。

石原知事は、このあと17時から放射性物質が検出された金町浄水場に行き、現場から水道水を飲み、生活用水として問題ないと訴え、放射性ヨウ素が1キログラム当たり79ベクレルで基準値を下回ったことから、都民に冷静な対応を呼びかけた。

明日は、福島県庁を訪れ知事に見舞金を手渡す。
福島県、宮城県、岩手県に1億5千万円の見舞金を役立ててもらう。
石原知事は都政の先頭に立ち、東京から被災地を、そして日本を救うべく奮闘している。
私も、明日25日朝、被災地に、バナナやみかん、下着や生理用品などの物資を届ける為、ドライブネットの片倉社長と出発する。
私の大学時代の後輩の清水福島県議会議員の地元いわき市のボランティアセンターを激励に行ってきます。
20110324112850

« 大森東小学校 平成23年度入学式 | トップページ | 新井宿義民六人衆顕彰会335 年報恩感謝祭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙関連:

« 大森東小学校 平成23年度入学式 | トップページ | 新井宿義民六人衆顕彰会335 年報恩感謝祭 »