« 評価は後から付いてくる | トップページ | 一時帰宅 »

2011年4月28日 (木)

大田区長、区議会選挙に勝利

2011年4月27日

4月24日投票、25日に開票された区長選挙では、松原忠義現区長が14万181票で、2位に約10万票の差をつけ堂々と圧勝させて頂いた。
1期4年の実績がしっかりと区民に評価されたとともに、東日本大震災への支援をスピーディにに行ったことへの区民の信頼は絶大なものだった。

区議会選挙では、17人の自民党候補のうち16人が当選。
4人の新人は全員当選。
その中で海老沢圭介さんの3822票で23位当選は立派だった。
事前に行った各地区での集会がこうを奏した勝利である。

反面、矢口地区から2期目を目指した鈴木やすふみ候補は、病気で入院したため普段の活動が十分出来なかった事が敗因だろう。
捲土重来を期してほしい。

投票率はは前回より低い43.29パーセントで自民党17人が頂いた票は7万6040。
公明党の12人の4万5924票。
保守系無所属3人の7078票を足しても12万9042票だから、いかに松原忠義区長が大田区民から幅広い支持を頂き圧勝したかがわかる。

民主党15人の得票は3万8730票。
前回より1人減らして5人が当選した。

今回、台風の目と見られたみんなの党の区長候補の得票は2万8867票で、5人立てた候補者の得票は1万4542票。
1万4325票の支持団体の支援があったと考えられる。

共産党の区長候補は2万2287票獲得し、区議会に9人立て全員当選。
3万1713票獲得し1人議席を増やした。

みんなの党のブームは起きず、確実に普段から地道に活動している候補者が当選した。
私は松原忠義区長選対の筆頭副本部長として、全力で区長と自民党公認候補の全員当選目指して闘った。
松原区長が当選を決めたマスコミへのインタビューで語ったように、地域力向上と羽田空港空港の国際化と跡地の活用を起爆剤に、東日本大震災の被災地を支援する為、大田区がその突破口になってもらいたい。

私も東京都政から引き続き松原区政を全力で支援していきたい。
平成25年7月の都議選は、大田区は定数減が予想され、気を引き締め日々取り組んで行きたい。

20110417092209

« 評価は後から付いてくる | トップページ | 一時帰宅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大田区長、区議会選挙に勝利:

« 評価は後から付いてくる | トップページ | 一時帰宅 »