« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

常任委員会

2011年9月30日

第3回定例会も代表、一般質問が終わり、今日から常任委員会がそれぞれ始まる。

私は経済港湾委員会で、報告事項や議案の審議を行う。
昨晩は、本会議終了後、幹事長、総務会長と私政調会長の三役で、一期生21会、二期生十七会、私たちの三期生01会の懇親会を回った。

三期の焼き肉屋にたどり着いたのは21時30分過ぎ。
やはり同期は落ち着く。

宮崎幹事長から、定例会に三期生が結束して当たってほしいと激がとんだ。
私も代表質問を終えたが、ほっとした気持ちは毛頭ない。
最終日まで何が起こるか分からないのが議会だ。
気を引き締めて、各委員会の審議状況を見守って行きたい。

いずれにしても毎日運動不足だ。
昨晩も帰宅は深夜1時を回ったが、朝起きるとマイジョギングコースの大森ふるさとの浜辺公園を一回り。

今回の経済港湾委員会の大事な議論の争点に津波、高潮対策があるが、貴船堀を視察、と言うか横目に確認しながら走ってきた。
気分転換をはかりつつ、真剣勝負は10月7日まで続く。

20110928063558

2011年9月20日 (火)

第44回 全国左官技能競技大会

2011年9月20日

日本左官業組合連合会が主催する全国大会が東京都組合を中心に東京都庁の都民広場で今日から3日間開催される。

開催にあたっては都議会自民党が全面的に協力、支援した。
全国12のブロックから代表選手が12人。
日本建築の文化伝統である左官の技術を守り、継承発展させ、世界へと発信してもらいたい。

私の叔父も埼玉県朝霞で左官業を営んでいるが、仕事は年々減っていて土木一般まで仕事をしていると聞いた。
都議会自民党は左官業をしっかりと支えて行きたい。

20110920105020

開会式で、選手宣誓する代表選手
20110920112016

<関連サイト>
■ 全国左官技能競技大会サイト
■ 左官屋ネット

花垣ひやおろし

2011年9月20日

山王ジャーマン通りにある、かもすという酒屋にはいってみた。
店内棚と酒用クーラーには地酒とオーストラリアワインが列んでいる。

ひやおろし 米しずくという酒を手に取ってみた。
すると、店のご主人に、この時期限定のお勧めの逸品ですよ。と声をかけられた。

福井県大野市にある南部酒造場で造られた純米酒である。
ご主人曰わく、ひやおろしとは、寒造りの新酒に火入れをした後、夏の間に蔵で貯蔵し円熟味が一段とます秋口に出荷する日本酒なそうな。

昨晩、先輩の通夜から帰り、ふうを切ってみた。ほどよく冷えた酒をガラスのぐいのみで呑んでみた。
喉越し爽やかで円やかさもある。さんまにカボスをさっとかけて、今晩はぬる燗でやってみよう。
かもすにいい勘付けの道具が手頃な値段で売っていた。
それを買って帰ることとしよう。

かもすで買ったひやおろし
20110920085416

御嶽神社礼大祭大御輿宮だし

2011年9月18日

午後1時大御輿の渡行を前に恒例の鏡割り。
安藤祭礼委員長を中心に威勢良く木槌を振り下ろすと樽酒は半纏に、四方八方にと飛び散った。

温度計は32℃を示している。
嶺樹会の若い衆が大御輿を上げた。

宮入りは午後6時。
御嶽山の町に威勢の良い声と汗が飛び散る。

嶺樹会も女御輿も商店会も町会も駐在所も町は祭り一色である。
来年の大祭では、福でんの福田君の大御輿を担ぐ姿が見たい。
君は御嶽山の看板だから。

20110918125958

2011年9月16日 (金)

大森ふるさとの浜辺には秋の気配

2011年9月16日

朝6時久しぶりにウォーキングに出かけた。
まだ30℃を超えてないのだろう、何となく海を渡る風が涼しく感じる。

浜辺にはピンクのコスモスが咲き始め、お年寄りが野草を探している。
波頭は穏やかにみえる。
朝から大人、子供、犬たくさんの散歩客で賑わっている。

大森ふるさとの浜辺公園も開園して3年目を迎え、成熟してきたと思う。
浜辺公園をつかったカヌーやビーチバレーなどのイベント。

大森海苔のふるさと館での海苔づくり体験。
自主的に清掃活動に取り組むボランティア。

私は中秋の名月を浜辺に腰を掛けて見るのが好きだ。
浜辺を使った若手アーティストのライブの開催もいい。

大森ふるさとの浜辺公園とともに私もいい歳を重ねていきたい。

20110916062331

大森ふるさとの浜辺公園でみつけたちょっと珍しい花。
アメリカンインディアカ。
ハイビスカスが樹の上に咲いたよう。
20110916063128

すずの会メークアップ教室

2011年9月16日

すずの会若返りプロジェクト実行委員会、杉原弥栄子委員長の主催によるメークアップ教室が、20人限定ということで東ー会館で開催された。

題して、いつまでも若々しくいるために。

講師はメイクアップアーティストの田島みゆき先生。
女性はいつまでも美しく若々しくと、特別養護老人ホームなどで入居しているお年寄りにメイクをしてさしあげるなどボランティアにも活躍されている。

我がすずの会の奥様方、祭りで疲れたお肌をいたわってあげてください。
始まって冒頭ご挨拶に伺ったが、出来れば完成したお顔の皆様にお目にかかりたかったですね。

あきまさ後援会女性部こすずも頑張ってますよ。
すずの会、こすずの会ともに新規入会大歓迎です。

20110916131747

2011年9月15日 (木)

大森神社祭礼

2011年9月11日

我が大森東1丁目町会の石川会長率いる南睦会の御神輿の渡行が11日12日と賑やかに行われた。
喪中の私は今年は我慢。

20110911174342

餅甚前、自ら太鼓にバチを入れる福本義一、我がみはら後援会長
20110911180907

赤羽根芳雄氏 藍綬褒賞受章祝賀会

2011年9月11日

国学院大学で応援団長を務めた田園調布西町会の蛮カラ町会長赤羽根芳雄さんが、大田区保護司として多年にわたり更生保護活動の功績により、藍綬褒賞を受賞され、東京プリンスホテルで祝賀会がおこなわれた。

褒賞と賞状が入った額縁は、南馬込の福島さんが製作した職人技の逸品で、多年にわたる功績がより光輝いてみえた。

20才代は愛情の夫婦。
30才代は努力の夫婦。
40才代は我慢の夫婦。
そして、70才代は感謝の夫婦。
80才代はいたわりの夫婦。
90才代は看取りの夫婦。
100才はあの世で夫婦。

と松原大田区長が祝辞を述べられたが、なるほどと思った。
さて、50才代と60才代は何でしょう。
皆さんが考えてみて下さい。

20110911120444

福島さん製作の額縁に入った褒賞と賞状は田園調布地区の宝物
20110911103621

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

  • リンク
    東京都

    大田区

    自民党

自由民主党 最新ニュース

自民党 Lib Dems

無料ブログはココログ