« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月21日 (水)

桜サク

2012年3月20日

お彼岸の中日であるこの日。
我が家の玄関先の乙女桜が開花した。

朝から城南軟式少年野球連盟の開会式、始球式でキャッチャーを務め、詩吟の豊昇会温習会で一吟。将に東遊せんと壁に題す。
久しぶりだが、まずまず。

その後、海難供養塔にお参り。
急ぎ、自宅に戻りデジカメをもって三女の短大学位授与式に出席した。

会場の五反田ゆーぽーとは、着物袴のお嬢さんたちで溢れていた。
華やかだ。

答辞を述べた秘書学科のお嬢さんの立派なこと。
即戦力間違いない。

三女の節目の行事に出るのは初めてかもしれない。
4月からは社会人になる。

もうすぐ父親の役割を終えることが、嬉しくもあり、悲しくもあり。
我が家にも春が来た。

20120320105801

全日本東洋欄連合会春季美術品評大会

2012年3月18日

恒例の春季大会が、蒲田のブライダル・ア・ペアで18日、19日と行われた。

月曜は経済港湾委員会の質疑があり、表彰式には行けないので前日懇親会に伺った。
鈴木晶雅賞と対面。

優勝一席青花の部 赤舌。
神奈川県の佐々間さんが受賞した。

透き通った白い花びらにワインレッドの花弁。
なんと悩ましい作品だろう。

作者の思いを伺いたかったが、懇親会では会えずに残念。
秋も楽しみだ。

20120318173437

2012年3月19日 (月)

うどづくし

2012年3月17日

立川のうどをいただいた。
春の到来が食卓に。妻が夕食のメニューを考えた。

旬のうど、カニカマ、プロセスチーズ、大葉を巻いたうどの春巻き。
うどの甘みをカニカマでふっくら包み、大葉が味をしめ、プロセスチーズがアクセントとなって、口に運んだ時のさっくり感。
次女と巻いた。
包丁でふたつに割ると彩りも綺麗で、食欲をそそる。

二品めは、うどのきんぴら。
うどの皮を千切りにして、あくを抜く。
油で炒め、酒、みりん、醤油、塩で味つけ。ビールにあう。

三品めは、定番のうどの酢味噌和え。
短冊に切り、酢水でアク抜きするのがポイント。
立川の東京うどは、山うどに比べアクが少なくシャキッとした歯触りがたまらない。
白い恋人、東京うどを堪能した。

20120317200903

2012年3月12日 (月)

東京都立荏原看護専門学校 第39回卒業式

2012年3月9日

天気はまた冬に逆戻り。

雨の卒業式となった。3年間で1,085時間の学習を終え、国家試験を突破した71人の卒業生の目には、涙が光っていた。

誠実に心を込めた看護。
社会的使命感をもって。

学校長の目指す学生像を実現して、医療現場での活躍を祈ります。

20120309140428

2012年3月 8日 (木)

TOKYO MX 『都議会の焦点』テレビ取り

2012年3月7日

来週13日から始まる予算特別委員会を前にして、各会派代表者によるインタビューが議事堂内談話室で行われ、私は自民党の副委員長として発言した。

時間は、2分45秒。
インタビューアーの女性アナウンサー が美人で、照明がえらく強烈で汗ばんでしまった。

●本放送
3月12日(月) 19時00分~19時30分 30分間

●再放送
3月13日(火) 8時00分~8時30分 30分間

東京MXテレビ『都議会の焦点』、どうぞ皆さんご覧下さい。


20120307155125

TOKYO MX 「TOKYO MX * 東京都議会中継」ページ

2012年3月 6日 (火)

アレグラ60

2012年3月5日

夜コートなしで歩いても寒くなかった。
春の予感。

明日は16度Cまで気温があがるらしい。
暖かい春は待ち遠しいが、1年で最も湯鬱な季節がやってくる。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみに備えアレグロ60を準備。
5月の連休明けまで、辛い日々が続く。

42で突然なった花粉症。
今年、突然治った。

そんな夢でもみたい。
風呂上がり、BSで高橋真梨子のコンサートみながら、水割り我慢して寝ることにした。

2012年3月 5日 (月)

ひな祭り

2012年3月3日

夕方、長女から電話があり早めに帰宅。
久々自宅で夕食を食べた。

五目寿司とキムチ鍋。
缶ビールを抜いて話に花が咲いた。

三女は卒業旅行で不在だが、まあ大人の話が出来るようになったのが嬉しい。
娘たちが藤原紀香主演のキャバレーに招待してくれるという。
楽しみだ。

不二家のチョコレートケーキにナイフを入れて皆に取り分けた。
久しぶりに父親の役目をすることが出来た。

20120303210133

東京都立大田桜台高等学校第1回卒業式

2012年3月3日

昨年10月新校舎落成記念式典が行われた新校舎で、第1期生113名が巣立った。
記念に植樹された桜がなんとか3分咲き。
春な忘れての石碑のとおり、まだ肌寒い卒業式となった。

都立高校改革でできた、重点的に英語教育を行う進学型高等専門学校である。
2年前に青山キャンパスで開校。
3年生は1年間だけ現在の馬込キャンパスで学び卒業する。

3人の外国人教師から生きた英語を学び、英語を話せるキャリアを卒業後のステージ、進学や就職で生かしてほしい。

長船校長は、新しい学校に作り上げた。
4月から着任する酒寄新校長は、公募で選ばれた元日産自動車出身の民間校長。

生徒と英語で語り合うとのこと。
お子さんを海外の学校で育てた経験と、キャリアを生かして大田桜台高等学校の第2ステージを作り上げてほしい。

大いに期待したい。
桜の満開が待ち遠しい。

20120303113749

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

  • リンク
    東京都

    大田区

    自民党

自由民主党 最新ニュース

自民党 Lib Dems

無料ブログはココログ