« あわおどり | トップページ | バナナの日 »

2012年8月 6日 (月)

地球歌の日コンサート

2012年8月5日

暑い太陽もようやく傾きはじめた16時30分、平和の森公園の野外特設会場でコンサートが始まった。

菅原やすのりさんが代表を務める地球歌の日実行委員会の主催で、大田区や文部省、外務省、環境省が後援し、住友林業が協賛してコンサート場には600人が集まった。

菅原さんは、見上げてごらん夜空の星を、千の風になってを独唱。
続いて夏休み、招待された、岩手県東松島市や南三陸町の子どもたちと、羽田小学校や大森町ふれあい太鼓の子どもたちと一緒に、故郷や四季の歌、夏の思い出、海など13曲を歌い上げた。

昼の暑さがうそのように、平和の森公園には爽やかな風が吹き渡った。
戦時中、捕虜収容所があり、戦後、平和を願って平和島と名付けられたこの地から、歌で世界に平和を呼びかけたもの。
地球の日実行委員会は、昨年来、被災地をはじめ、全国で歌声キャラバンコンサートを続けている。

この日の司会は、気仙沼出身で家族を津波で亡くした生島ヒロシさん。
アグネスチャンやボニージャックス、日本作詞家協会会長で日本復興に取り組む湯川れい子さんも応援出演。
湯川さんが作詞した、日本よいとこお祭り音頭を菅原さんが熱唱。

わがすずの会の本橋会長はじめ瑞穂会の皆さんが元気な踊りで華を添えてくれた。
この曲は、日本復興を願って作られた歌声キャラバンのテーマソングとのこと。

8月8日は地球歌の日。
この運動を私も応援したい。

時代を熱唱する菅原さん
20120805171304

司会の生島ヒロシさん。軽妙なトークに平野文部科学大臣もドッキリ
20120805163527

急な出演にも関わらず、堂々たる踊りの花柳流瑞穂会のみなさん
20120805174306

20120805174514

20120805174251

« あわおどり | トップページ | バナナの日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球歌の日コンサート:

« あわおどり | トップページ | バナナの日 »