« 自民党総裁選挙 | トップページ | 姉とランチ »

2012年9月27日 (木)

自民党新総裁に安倍晋三元首相を選出

2012年9月27日

党員票
1位 石破茂前政調会長 165票
2位 安倍晋三元首相 87票
3位 石原伸晃幹事長 38票
4位 町村元官房長官 7票
5位 林芳正政調会長代理 3票

国会議員票
1位 石原 58票
2位 安倍 54票
3位 石破 34位
4位 町村 27票
5位 林 27票

合計
1位 石破 199票
2位 安倍 141票

1回目の投票で過半数を得る候補が出ず、40年ぶりに決戦投票となった。
そして国会議員の決選投票の結果

安倍 108票
石破 89票

自民党第25代総裁に安倍晋三氏が選出された。

党員選挙では、圧倒的に石破さんだったが、国会議員の選択は安倍さんだった。
来るべき総選挙の顔として、安倍晋三さんを選んだ、と言うことだろう。

安倍さんは、近い将来、総選挙で政権を奪取して、まず日本を成長戦略で引っ張ってほしい。
中小企業の新技術を製品化、冷え切った市場開拓に取り組んでもらいたい。

そのためには、エネルギー戦略を国民に明確に示すこと。
そして、安倍総理がかつて取り組んだ、教育改革を仕上げてほしい。

憲法改正に向けての道筋を示し、日本を堂々たる国家と導くべきだ。
そのために安倍総裁、石破幹事長、石原総務会長の三本の矢で、自民党が日本を立て直す体制をつくってほしい。
日本を沈没させてはならない。

« 自民党総裁選挙 | トップページ | 姉とランチ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党新総裁に安倍晋三元首相を選出:

« 自民党総裁選挙 | トップページ | 姉とランチ »