« 都議会自民党に春の便り | トップページ | ラグビーワールドカップ2019大会 東京開催決定 »

2015年3月10日 (火)

第25回 東京都平和の日記念式典

2015年3月10日

東京都は平成2年に3月10日を平和の日と定め、記念式典と東京都交響楽団によるアンサンブルを第一庁舎大会議室で開催しています。

昭和17年4月18日に始まった東京空襲は、昭和20年3月10日、2時間で10万人の都民の生命と家屋財産を焼き尽くしました。

昭和20年8月15日まで低空による爆撃は100回を超え、90万人を超える生命が奪われ、首都東京は焦土と化したのです。

大森や蒲田も18回に渡って空襲を受け、子供たちは静岡県等に疎開しました。

今日の式典には外交団の中に米国のキャロライン・ケネディ駐日大使の顔もありました。

都立横網町公園には、東京都慰霊堂と復興記念館があります。
慰霊堂には、東京空襲等の受難者約10万5千人と関東大震災の遭難死者5万8千人の遺骨が納められています。

東京空襲犠牲者を追悼し、平和を記願する碑がある花壇は、年4回都内の小中高校生徒から応募された春夏秋冬を描いた優秀作品によって、恒久平和を希求しています。

Dsc_3283

« 都議会自民党に春の便り | トップページ | ラグビーワールドカップ2019大会 東京開催決定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第25回 東京都平和の日記念式典:

« 都議会自民党に春の便り | トップページ | ラグビーワールドカップ2019大会 東京開催決定 »