« MOA美術館大田児童作品展羽田空港巡回展 | トップページ | 関口順代さん感謝の会 »

2017年12月 4日 (月)

第7回おおたオープンファクトリー

2017年12月2日

先週(11月25日)の武蔵新田下丸子エリアに続いて、今日はOTAテクノCOREとテクノFRONT森ケ崎の工場アパートを見学してきました。
主催は、大田観光協会。
大田のものづくりを観光資源として、広く内外にPRすることが目的。
子供を連れた親子や、城南島や京浜島には観光バスでお客様が訪れました。

テクノCOREでは、株式会社タムラエジアの工業用フィルムやカテーテルチューブ等の金型設計と試作品製作を見せて頂きました。
大手から試作品製作の依頼が有ると大手から無料を要求されることもあるそうで、それが今までのとんでもない慣例であったり、技術流出に繋がることも有ること等伺いました。
試作品製作の対価を確り支払うよう国が大企業を指導すべきです。

アロニクス株式会社は、金属を加熱するIH(誘導加熱)装置を製造。
これからは、家庭もIHの時代。
販路拡大が期待されます。

株式会社コクサイは、食品や薬品の包装、検査の目道省力装置の設計から販売まで手掛ける会社。

有限会社シード精工は、切削加工による金属部品を加工する会社で、試作品から量産まで手がけます。

次に伺ったテクノフロント森ケ崎は、大田区内における工場の操業環境の整備や、新分野進出企業の研究開発の促進を図り、工場集積の維持発展、活性化する為に平成20年に開設された工場アパートです。

まさに、おおたのものづくりのレベルの高さを示す、おおたのものづくり、ここにあり!
高付加価値を生み出すものづくり産業の集積地を具現化した施設で、平成26年6月に開設した工場アパートです。

私は、以前から関心の有ったイービーエム株式会社の心臓血管外科医の体験をしてみようと訪ねてみました。
生憎、私は体験出来ませんでしたが、小学生が髪の毛より細い糸を使って、器用に模擬心臓の血管を縫い合わせる体験を見てきました。

既に大学病院では、イービーエムの冠動脈バイパス手術用心臓血管外科手術シミュレータを使って手術の訓練をしている話を聞きました。
多くの医師の卵の方々に訓練を重ねて頂き、腕の良い外科医が多数生まれることを期待します!

楽天ソシオスビジネス株式会社は、水耕によるレタス等の葉物野菜の栽培をしている会社。
楽天グループの社員食堂で提供され、社内販売もされているとのことです。
異常気象で、野菜が不作の年等活躍が期待されます。
未来の農業は、こうなるのでしょうか!
大田区内の障害者を雇用していることも素晴らしい。

玄関で展示説明されていた、株式会社トップウォーターシステムズの災害時移動型純水装置TOPレスキューROは、その1号機器が東京労災病院で使われているとのこと。

わくわくする時間を過ごしました!
この、おおたオープンファクトリーが大田観光協会と大田区産業振興協会と共催すれば、雇用や人材育成や商談が、今まで以上に成果を上げられるのではないかと感じました。

ものづくりの大田ならではの、素晴らしい事業ですね。

1512192674963

1512192680289

1512192683546

1512192930157

1512192937209

1512192940528

1512192943830

Dsc_5797

Dsc_5798

Dsc_5800

« MOA美術館大田児童作品展羽田空港巡回展 | トップページ | 関口順代さん感謝の会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回おおたオープンファクトリー:

« MOA美術館大田児童作品展羽田空港巡回展 | トップページ | 関口順代さん感謝の会 »