« 築地市場跡地の有償所管換えについて | トップページ | 冬の宴 石井慶子シャンソン リサイタル »

2019年2月20日 (水)

平成30年度最終補正予算案の審議に知事の出席を求める申し入れ

2019年2月19日
本日、都議会自民党と、日本共産党東京都議会議員団、都議会立憲民主党民主クラブ、維新あたらしい無所属の会、都議会生活者ネットワーク、自由を守る会の6会派は、東京都議会議長、議会運営委員会委員長、財政委員会委員長、経済港湾委員会委員長に対し、以下2点の申し入れを行いました。

(1)補正予算の議決日より前に、知事との一問一答の質疑が出来るよう知事の出席を求めること。

(2)財政委員会、経済港湾委員会もしくは連合審査会のいずれかに知事の出席を求めること。                               

築地市場跡地の所管が市場会計で無くなると言うことは、当該土地に(市場)は建たないと言うことを意味します。

今も、小池知事は自らの方針を撤回していません。

そして、購入経費は5423億円の支出根拠となるのは、2月13日に発表された、「築地まちづくり方針素案」です。

しかし、将来の絵姿が示されただけで、具体の検討は全てこれからです。

5423億円の予算の支出根拠としては、はなはだ疑問が残ります。

こうした様々な課題を含む補正予算案を確りと審議することが都議会の役割であるはずです。

その為には、3月6日の中途議決迄に、築地を守ると言い続け、この巨額な支出の責任を負う小池知事と、一問一答の形式で審議を尽くす必要があります!

« 築地市場跡地の有償所管換えについて | トップページ | 冬の宴 石井慶子シャンソン リサイタル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年度最終補正予算案の審議に知事の出席を求める申し入れ:

« 築地市場跡地の有償所管換えについて | トップページ | 冬の宴 石井慶子シャンソン リサイタル »