« 新コロナウィルス対策 政府関連情報 | トップページ | 「聖火」きょう採火 »

2020年3月12日 (木)

「東日本大震災」から9年。3月11日におもうこと。

2020年3月11日
東日本大震災から9年。

被災地からご遺体の火葬を臨海斎場で受け入れることに奔走し、大田区仏教界をはじめ各界宗教者の火葬時のご供養が出来るよう、大林寺の新倉住職と大田区長はじめ臨海斎場側に働きかけたことを思い出します。
3月末から、夕方から夜間の時間帯に約180体受け入れ火葬されました。

関東大震災から98年。
梅屋敷大林寺には、震災慰霊塔と万霊供養塔が有ります。

老朽化し改修工事をすることとなり、百数十体のご遺骨が発見されました。
関東大震災で亡くなったご遺体が大森の海苔場に流れ着き荼毘に伏されましたが、大林寺に埋葬されたのです。

こうした関東大震災の被害者を慰霊しているお寺はあまり無いそうです。
この度、万霊供養塔、震災慰霊碑及び茶筅碑、花筅碑等の周辺改修工事がお彼岸前に終わり、 3月11日に合わせ、落慶開眼供養が行われました。

こうした歴史の事実を後世に残し、伝えていきたいと思います。

Dsc_1160_20200312154401

Dsc_1158

Dsc_1157_20200312154401

« 新コロナウィルス対策 政府関連情報 | トップページ | 「聖火」きょう採火 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新コロナウィルス対策 政府関連情報 | トップページ | 「聖火」きょう採火 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

自由民主党 最新ニュース

自民党 Lib Dems

無料ブログはココログ