« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月30日 (木)

新コミックマーケット99

2021年12月30日
年末30日、東京ビッグサイトで2年ぶりのコミケイベントが開催されました。

私は、東京都(産業労働局、東京ビッグサイト、港湾局)と開催に向けての会場使用やコロナ対策をはじめ調整等お手伝いをしてきました。

コロナ対策を万全にして、入場制限(1日あたり上限55000人)をしての開催となりましたが、コロナ禍での今後のイベント開催の模範例となると思います。

正午からはAFEE(エンターテイメント表現の自由の会)主催の街頭演説会に参加しました。

「東京都議会議員、自民党の鈴木あきまさです。本日は新コミックマーケット99のご開催誠におめでとうございます。
コロナ禍で、昨年のコミックマーケット98は初の中止、冬の延期。
今年のゴルデンウィークの延期と、コミックマーケットを楽しみにしていた皆様、関係者の方々は苦渋の思いで過ごされたことと思います。
オリンピック・パラリンピック2020東京大会は首都東京から日本の文化を世界に発信する祭典でもありました。
今年を締めくくるイベントとして新コミケ99が開催出来て大変嬉しく思います。

私も午前中に会場を回り、「新サクラ大戦の聖地本・完全版」を買ってきました。

コロナ禍で同人誌即売会の開催が難しかった時期、また落ち着いてきた中で規模を縮小しての開催、今回で言えば今年の年末に本当に開催出来るのか?
準備会の皆様をはじめ、常に苦労、苦悩された2年だったと思います。

そんな中コロナ禍で規模を縮小し密にならない、感染症対策を万全にした同人誌即売会では対策での感染症対策での費用負担増、密にならならなくする為の待機列スペースの確保などでも費用負担が増えて厳しいとのおはなしも伺いました。

そこで東京都、ビッグサイト、同人誌即売会の関係者の皆様で意見交換の場を持たせて頂き、会場利用料の減免やビッグサイトの周辺の駐車場の問題、待機場についての要望を私も一緒に伝えさせて頂きました。

また、8月には東京ビッグサイトにおける同人誌即売会の開催に向けた関係者ラウンドテーブルにも参加し、都議会の立場から意見を述べさせて頂きました。

東京都の関係者にも参加を求めました。
中々難しいところも多く、宿題として残った部分も有ります。

しかしながら回数を重ねるごとに、東京都もビッグサイト側も確りと問題を共有出来ている感触は持っております。

ビッグサイトや周辺地域の開発、周辺の公園については東京都が係る事が多いので、同人誌即売会の皆様をはじめとした利用者に使いやすいものになるよう今後も頑張ってまいります!

国会では山田太郎先生をはじめ多くの先生方が頑張ってくれております。

東京都に係る事に関しては、確りと国とも連携をはかりながら責任を持って引続き取り組んで参ります!

「嬉しい」は、ぱっと消える。
「楽しい」は、ずっと続きます。

新コミックマーケット99にご来場頂いた皆様にとって、令和3年の1番「楽しい」想い出となることを祈念します。

来年以降も同人誌を中心として、すべての表現者を受け入れ、継続することを目的とした表現の可能性を広げるための「場」であるコミックマーケットが、盛会に開催されることを記念し、私、鈴木あきまさの新コミックマーケット99街宣活動とさせて頂きます。」

年末、お天気にも恵まれインターン2人とともに素晴らしい1日となりました。

1630009263

1629987000

1630015895

1630027782

2021年12月20日 (月)

大森、梅屋敷良いもん市

2021年12月17日
大森・梅屋敷の冬の風物詩、「良いもん市」が大林寺の境内と参道で今日17日(金)、明日18日(土)の2日間、大田区の後援と益子町のご協力を頂いて開催致します。

益子特産市(野菜、果物、陶器)。
大森海苔苔。
植木市。
骨董市。
らんちゅう金魚。
植木市。
法律無料相談。
あなただけの良いもんを見付けて下さい!

新型コロナウイルス感染防止を行い、皆様のご来場を私も実行委員長としてお出迎えさせて頂きます。
皆さんマスク着用でお越しくださいね!

Dsc_1166_20211220095401
Dsc_1155_20211220095401

Dsc_1156_20211220095401

Dsc_1157_20211220095401

Dsc_1158_20211220095401

Dsc_1159_20211220095401

Dsc_1161

Dsc_1160_20211220095401

2021年12月17日 (金)

第59回National技能五輪全国大会

2021年12月17日~20日
第59回技能五輪全国大会が大田区をはじめ東京の13会場で開催されました。

技能五輪全国大会は、国内の青年技能者の技能レベルを競うことにより、青年技能者に努力目標を与え、技能水準の向上を図るとともに、技能に身近に触れる機会を提供すること等を通じて、広く国民一般に対して、技能の重要性や必要性をアピールし、技能尊重機運の醸成を図ることを目的として開催されるものです。

また、令和4年10月に中国、上海で開催される第46回技能五輪国際大会で、実施が見込まれる競技職種に関連する一部の競技種目に係る選手の選考が行われました。

大田区産業プラザPiOではプラスチック金型。城南職業能力開発センター大田校ではフライス旋盤の競技が行われました。

また、東京誠心調理師専門学校では西洋料理の技術(腕前)が競われました。

私は12月18日、大田工連の舟久保会長、塩野目区議と「真剣そのもの」の大田区の2会場を視察させて頂きました。

参加した選手も応援した方々も、基盤技術から最先端技術を支える人材育成。
「ものづくりの大田」を確りとピーアル出来た素晴らしい大会でした。

この大会から技術立国日本を支える、新しい青年技能者が巣立ち活躍することを期待します!
それを支え支援するのが私の仕事でも有ります。

Dsc_1637_20220111095301

Dsc_1638_20220111095201

Dsc_1639_20220111095201

1641633330538

1641633330654

1641633330381

2021年12月15日 (水)

第4回都議会定例会を終えて

2021年12月15日
本日、知事提案の全議案に賛成し令和3年度第4回東京都議会定例会が終了しました。 

総務委員会で議決して本会議に送ったのは、
第198号議案「職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例」
第199号議案「職員の配偶者同行休業に関する条例の一部を改正する条例」はじめ、
第226号議案「令和3年度東京都一般会計補正予算(第17号)」
「令和2年度各会計決算認定の件」等です。
 
現在、新種の変異株であるオミクロン株も出現し、世界的な感染拡大が危惧され、人類の新たな驚異となっています。

今定例会で都議会自民党が議論、提案した重点施策について報告します。

まず、第6派に備えた「医療提供体制」です。
現在、東京の感染者は飛躍的に改善していますが、第5派のピーク時には1日5,900名を超え、保健所をはじめ医療提供体制が滞り、自宅療養中に亡くなる方がいたことを忘れてはなりません。

これまでの経験と教訓を踏まえ、国・各自治体と連携のもと、盤石の体制をとるとともに、東京の経済を取り戻し、都民が安心して生活出来る環境も堅持しなければなりません。

年末年始を迎え、人流の増加が懸念される中、これまでの経験を踏まえた医療供給体制強化や保健所の対応力向上が重要です。

現在の変異株や第6波への備え等、引き続き万全の対策を講じるとともに、一刻も早く日常を取り戻せるよう全力を挙げて取り組むことを強く求めました。

次に、経済対策です。
長引く感染症の影響により、経営体力が十分出ない中小零細企業は、依然として予断を許さない状況が続いています。

こうした状況を踏まえ、国は「経済対策」の中で厳しい経営環境にある中小零細企業への支援を盛り込み、引き続き対策を講じていくとしています。
都も、こうした国の動きと軌を一にしながら、コロナ後を見据えた企業の回復、成長への軌道を着実なものとするよう、中小零細企業の事業継続に向けた支援を強化するよう求めました。

来年度の予算編成についてですが、国は岸田首相が50兆円をこえる大型の「経済学部対策」を策定し、コロナ対策に加えて、デジタルやクリーンエネルギー、更には「人」への思い切った投資など、スピード感をもって政策の具体化に着手しようとしています。

都も遅れを取るわけにはいきません。

来年度予算では、医療面、経済面のコロナ対策にとどまらず、防災や成長戦略、気候変動対策をはじめ、都政が抱える短期、中長期両面の課題に対し大胆に予算を投じるなど、積極財政で予算編成を行うよう強く求めました。

最後に拉致問題です。
北朝鮮が拉致を認めてから19年以上が経過しましたが、未だ問題解決策に向けた道筋はみえていません。

先日、岸田総理は「拉致問題は岸田内閣の最重要課題であり、政府を挙げて、全力で取り組む」と決意を述べました。

我々都議会自民党も総理と一体となり、拉致問題解決を図るべく、断固たる決意で取り組むとともに「都議会超党派による拉致議員連盟」の活動再開を改めて呼びかけたいと思います。

我々都議会自民党は、来年も都民区民、事業者の皆様の声をしっかりと受け止め、実効性ある施策を進めるとともに、首都東京の持続的発展に向け、全力で取り組んで参ります!

皆様の今年1年のご支援に心から感謝申し上げますとともに、来年もご支援ご協力宜しくお願い申し上げます。

Dsc_1152_20211215175201

大田臨海部まちづくり協議会第79回まちづくり戦略会議

2021年12月14日
大田臨海部まちづくり協議会第79回まちづくり戦略会議がオンラインで開催され参加しました。

協議事項では、

(1)大田臨海部まちづくり関係者連絡調整会議(仮称)の開催にむけて、参加を要請する都区行政部署の確認や、第1回会議の進め方のイメージについて議論しました。

(2)自転車ルート重点整備エリアの簡易サイン設置について

(3)おおたそらみちマップ案について

(4)その他

について議論しました。

戦略会議も79回を重ねてきました。
民間の立場から大田臨海部に賑わいを創造し、働きやすい環境づくり等を創造するための諸提案を実現するには東京都、大田区の理解と協力が不可欠です。

私も東京都港湾局や建設局や警察署等に引き続き働き掛けをしていきます。

Dsc_1128_20211215100301

Dsc_1130_20211215100301

2021年12月13日 (月)

大森第4小学校、大森第1中学校防災活動拠点訓練に参加

2021年12月12日
昨日は、大森第4小学校。
今日は、大森第1中学校での防災活動拠点訓練に参加しました。

地震と感染症対策を想定し、災害対策本部役員かを避難所を開設するまでの流れをディスカッションしました。

これまでの防災は、
「逃げる防災」
災害が起きたら避難所へ。が主体でしたが、
これからの防災は、建物の安全が確認でき、居住可能で有れば、避難所に避難するのでは無く、
「自宅での在宅避難」
を選択すべきとのこと。

ただし、電気、ガス、水道が止まった中で生活するには、平時から7日分の防災備蓄が不可欠です!

避難所を開設するのは、震度5強以上の地震で、区長の判断によります。

1中では、1年生17名や地域の中小企業社員も参加し、テントや仮説トイレの立ち上げやAEDによる救命訓練を体験しました。

日々体感する地震が増えています。
備えあれば憂いなし!
帰宅後は防災リックの中身の点検をしました。

299717925344809

Dsc_1118

1639304192803

1639304202213

1639304207434

2021年12月 7日 (火)

地域の活動も感染拡大防止しながら戻りつつありますね!

2021年12月6日
午前中は、中学校防災活動拠点訓練。
町会の清掃活動や子供お楽しみ会。
京急雑色駅前ロータリーで開催されたマルシェと回りました。

午後は、大林寺茶筅供養。
お抹茶でいっぷく。
地域おこし名人&達人サミットinおおた。
お福分けフードパントリー(子供食堂)のお手伝い。

大変お世話になった商店会長さんのお通夜に伺い、さらしべ会へ。
仲間のヒラリンを偲びました。

帰宅すると22時前と長い1日が終わりました。

地域の活動も感染防止しながら元に戻りつつありますね!



Dsc_1039

Dsc_1045

Dsc_1052

Dsc_1051

Dsc_1063

Dsc_1067

1638798225372

 

2021年12月 6日 (月)

第2回蒲田元気祭からデンタルフェスタ2021表彰式へ

2021年12月4日
今日は、第2回蒲田元気まつりからデンタルフェスタ2021表彰式(蒲田歯科医師会佐藤充宏会長)に伺いました。

元気祭では、蒲田小学校の子供たちとスタンプラリーで商店会を回りました。

デンタルフェスタは「80歳で20本の自分の齒を維持しましょう!と言う8020運動」とあわせて毎年行われますが、コロナ禍で2年ぶりです。

91歳で21本。87歳で28本の小原さんと山中さんが区長賞を松原区長から授与されました。

今日は、子供たちの元気とお父さんお母さんの元気をたくさん頂きました。

Dsc_1020_20211206102301

Dsc_1021Dsc_1022

Dsc_1023_20211206102301

Dsc_1025_20211206102301

Dsc_1026

Dsc_1028_20211206102301

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »