« 2022年7月 | トップページ

2022年8月

2022年8月10日 (水)

第60回東京河川改修促進大会

2022年8月9日
第60回「東京河川改修促進大会」 が練馬文化センター大ホールで開催され出席しました。

大田区を含む「Aブロック」14特別区を代表して世田谷区の石川都市整備常任委員長が発表。

大会宣言と大会決議を承認、採択しました。

9月に入り関係省庁、東京都に要請行動が行われます!

「令和元年東日本台風」では、多摩川からの越水で田園調布地域で大きな被害が出ました。

樋門やポンプ場の整備を進めています。

今も調節池や幹線の増強工事を進めています。

地球温暖化に伴う気候変動等を背景とした異常気象により、これまで経験したことがないような猛暑や豪雨、台風に伴う自然災害が年々生じています。

国と東京都は、関係区市と連携して都市河川の改修、時間75mm降雨への対応を進めています。

一方で、治水機能の向上だけではなく、区民に親しまれる水と緑の憩いの場となるよう、河川環境の向上も求めて参ります!

大田区議会まちづくり環境委員会からは、岡本由美副委員長が出席されました。

Dsc_4238

2022年8月 9日 (火)

恩賜上野動物園を視察

2022年8月8日
都議会自民党動物園振興政策研究会(小磯明会長)で、8月8日休園日にお願いして恩賜上野動物園を視察させて頂きました。

ゾウ舎、ウエノZOOスタジオ、ライチョウ、シャンシャンのいる東園パンダ舎、新正門、さるやまキッチン、休止しているモノレール、西園のパンダのもりを見て回りました。

その後、西園の無料休憩所で上野動物園職員の皆さんと意見交換をしました。

伸び伸びとなっているシャンシャンの中国への里帰りが10月に決まったとのこと。

開園140年を迎えた日本最古の動物園であり、動物福祉、老朽施設の修繕。
民間活力を導入したモノレールの再開等の課題を見て、様々意見交換してまいりました。

かつて親に連れ行ってもらった上野動物園。

自分のこども達を連れて行った上野動物園。

そして、今孫たちを連れて行く上野動物園です。

3代にわたって東京都民の心の故郷、癒やしの故郷である方も多いことと思います。

幼稚園入園前の双子の娘たちをバギーに乗せて渡った東西園を繋ぐ橋の麓にあったベンチで休憩して、記念写真を撮りました。

その想い出のベンチも整備の一環でなくなっていたのは、ちょっと寂く想いました。

しかし、世界の大都市に素晴らしい動物園があることは、その国の文化度を計る指標でもあると思います。

今後も、都議会自民党動物園振興政策研究会で議論を重ね、都民に愛される動物園、水族館として発展するよう務めて参ります!

今年も、「真夏の夜の動物園」が8月11日から16日まで、行われます。
夜8時まで開園されます。

成長したパンダたち。
美しいライチョウ。
愛らしいアジアゾウを。

5月に産まれたゴリラの赤ちゃんを見に行きませんか。

あなたも子供の頃の心を取り戻せるかも、です。

1659959710992

1659959708062

1659959705176

1659959677498

2022年8月 7日 (日)

蒲田八幡神社祭礼

2022年8月7日
蒲田八幡神社祭礼は、宮神輿が9時30分に宮出し。
氏子9町会を渡御奉仕されました。

蒲田氏子青年会会長は出発前の挨拶で、2年ぶりの渡御とあって、胸がつまって涙。

それを見ている私もジンときました。

15時50分。
JR蒲田駅東口ロータリーで御神輿見れますよ。

宮入は17時です。

氏子青年会の皆さんは、この日の為に準備に準備を重ねてきました。
猛暑が戻り青年会の限られた方々での渡御とあり、ちょっと重そうでしたが、とても楽しそうでした。

来年はどの神社でも 御神輿の渡御が出来ますように。
街に「和っしょい」の元気なかけ声が響きますように!

祈るばかりです。

Dsc_4198

Dsc_4199_20220808105901

Dsc_4224

Dsc_4225

Dsc_4213

Dsc_4207

Dsc_4217

Dsc_4222

磐井神社祭礼

2022年8月5日
今年の磐井神社祭礼の式典に参加しました。
各町会睦会の御神酒所は有りません。

御神輿の御渡もありません。

コロナ退散。

感染拡大が落ち着くことを祈るばかりです。

大田区のワクチン接種予約電話から、9月に夫婦で4回目の接種の日にちの予約が取れました。


Dsc_4188_20220808105601

Dsc_4192_20220808105601

Dsc_4191

Dsc_4189

2022年8月 4日 (木)

とうきょう総文2022(第46回全国高等学校総合文化祭東京大会)

2022年8月4日
とうきょう総文2022(第46回全国高等学校総合文化祭東京大会)が8月3日4日と東京では初めて開催されました。

放送部門の大会が、片柳学園日本工学院専門学校蒲田キャンパスで行われ伺うました。

<ビデオメッセージ部門>
「生きることは食べること」
新潟明訓高等学校

「サンシャイン」
福島県磐城高等学校
を鑑賞しました。

<アナウンス部門>
「やくならマグカップも」
岐阜県立多治見北高等学校

「劇の文化で歴史をつなぐ」
佐賀清和高等学校

を参観しました。

毎年、全国各地で開催される総合文化祭から数多くのアナウンサーや報道番組製作者等、放送界で活躍する人材が誕生しているとのこと。

それぞれの地域.郷土の話題.文化などを全国の高校生に伝えることを目的として、

「アナウンス部門」
「朗読部門」
「オーディオメッセージ部門」
「ビデオメッセージ部門」

の4部門が設定され毎年開催されています。

アナウンス部門では、アナウンスする生徒の緊張感「息づかい」がこちらにも伝わってきて、とても新鮮に感じました。
無事、発表を終えた高校生、関係者のみなさま。
蒲田の餃子など美味しいものをたくさん食べて、銭湯にも入って大田区の魅力を満喫してお帰り下さい。

コロナ対策が主催者側の東京都教育庁でしっかりと取られていました。

Dsc_4173

Dsc_4175

Dsc_4180

Dsc_4181

Dsc_4182_20220804150701


Dsc_4183_20220804150601

Dsc_4185

Dsc_4186

2022年8月 2日 (火)

伊香保ハワイフェスティバル2022

2022年8月2日
3年ぶりに開催された「伊香保ハワイアンフェスティバル2022」に行ってきました。

以前のように渋川市や観光協会上げてのフェスティバルは戻ってませんでしたが、メリーモナークショー(フラ協議会の最高峰ハワイ「ザ・メリーモナーク・フェスティバル」総合優勝チームのショー)や、街角ハワイアン(伊香保温泉のシンボル石段街でのフラチームによるフラダンス)を大勢のお客様と一緒に愉しみました。

今回、伺ったのは「第1回伊香保ハワイアンフェスティバル」開催の立役者、山本修さん(元だんだん豆腐のご主人、ハワイアンバンドマン)が病気がちと知り、何としてもお会いしたいと想ったから。

そして、日本ハワイアン音楽協会の吉田俊郎理事長と石原慎太郎会長が昨年今年と相次いで亡くなり、再開を直に観て楽しみ、お2人に報告したいと想ったからです。
日本ハワイアン音楽協会をもう1度盛り上げることが出来たらと思っています。

今回は、1度泊まってみたいと思っていた福一の万葉館1階2階にある「旅邸諧暢楼」に宿泊し、伊香保の温泉とお料理を堪能しました。

山本さんの演奏は聞けませんでしたが、よもやま話に華を咲かせ、秀水園で前女将晶子さん、現女将の由希子さんともお話出来たこと。
「ご結婚おめでとう」お祝いの言葉を伝えられたこと。

ウイズコロナの中で全力で伊香保の老舗秀水園を改革し、団体客からお客様1人1人が満足し歓んで頂く旅館に経営を推めていることを伺い胸が熱くなりました。

「伊香保に泊まってハワイ気分を満喫!!」

伊香保で沢山の元気を貰ってきました!

さぁ、明日からまた、仕事頑張りますよ。

Dsc_4158_20220803100601

Dsc_4109

Dsc_4134

Dsc_4138

Dsc_4120

Dsc_4107

Dsc_4111

Dsc_4112

Dsc_4163

Dsc_4167_20220803100601

Dsc_4169_20220803100601

Dsc_4166

Dsc_4164

2022年8月 1日 (月)

チルドレンファースト子供政策の加速に向けた論点整理

2022年8月1日
「チルドレンファースト子供政策の加速に向けた論点整理」を子供政策連携室が公表しました。

☆対象は、都内在住、在勤、在学の方

☆募集期間は、令和4年8月31日(水)まで

区市町村と緊密に連携し、地域の子供の笑顔に繋がる取り組みを推進します!

東京都政策企画局 「チルドレンファースト子供政策の加速に向けた論点整理」
https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/kodomo-seisaku/keikaku/

Dsc_4098

Dsc_4099

« 2022年7月 | トップページ